マイクロスコープで映像を具現化できるようになった

PC

医療現場でも活躍する

キーボード

今や私たちの生活や、それを支える各種業種には、デジタル技術が不可欠となっています。そしてマイクロスコープも今後不可欠な存在になっていくことでしょう。分かりやすく表現出来る点でもピカ一です。

詳細へ

3Dの有用性

オフィス

レーザー顕微鏡や3Dスキャナーで微細なものから可視化できるもの、さらには人体の大きさを超える大きなものに至るまで、3次元のデータを取ることが可能になったわけですが、これらの技術は応用がいくらでも利くものとなっています。それは、今まで何の企画開発や製造においても、最初の段階では平面の図面で解説するしかなかったものを、3Dプリンターで実際に立体として提示することができ、より具体的なイメージのもとでさまざまな協議や改良が行えるようになったためです。この利点は、特にゼロから立体の物体を造りだす製造の業種で非常に重宝されるものといえます。素材そのものは再現するのは難しいですが、その物体を持ったときの大きさや全体のシルエットを見たときの印象を目でよりはっきり確認できることで、平面図ではわからなかったことが多数見えてくるようになるのです。しかしこれはあくまで試作品ではなく、いわば「立体的な図面」ともいえる段階であるため、そこで問題点を修正してから試作品を作れば、何度も試作を繰り返さなくてもよいという効率化も期待できます。

製造業界にも革新的な功績をもたらすほかにも、建築物のイメージを具現化したり、教育現場でよりリアルな資料提供ができたりといったことにも多数応用することが考えられるのです。またマイクロスコープもその類にあり、近年は多く場で活用されるようになりました。リアルを追求する点では目的が一緒なので、今後もマイクロスコープなどのテクノロジー機器は使われていくと予想されます。

通信して開ける

パソコン

トラックなどのリアゲートの開閉には、無線リモコンを設置しましょう。そうすれば、今まで手動で開閉していた思い扉を簡単に開け閉めできるので便利です。また、無線リモコンは通信機器を扱っている会社で手軽に購入できます。

詳細へ

リサイクルが可能な素材

システム

もの作りが盛んな日本ですが、環境に配慮した耐久性のある良い素材があります。それが、エストラマーです。エストラマーは従来のゴム製品に比べて扱いやすく、様々な金型や部品加工の分野で活躍できる素材なのです。

詳細へ